中国、反マネーロンダリング法改正案を提出

By PANews – 2024/04/23 23:03:18 (JST)

中国は、反マネーロンダリング法を改正し、資金追跡および不審取引の分析を行う監視機関を設立する計画です。草案には7章62条が含まれ、反マネーロンダリングの取り組みを強化することが焦点となっています。この機関は大規模および不審な取引に関する報告を受け取り、分析して、金融犯罪防止を強化します。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: