テキサス州のブロックチェーン協会と暗号自由同盟が新たに採択されたディーラールールに対してSECを提訴

By The Block – 2024/04/23 23:20:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
暗号通貨ロビイストがSECを「ディーラー」の定義で提訴

ブロックチェーン協会とテキサスの暗号自由同盟がSECに提起した新たに採択されたディーラー規則に関する訴訟について、新しい記事と類似した記事の両方が取り上げています。両方の記事は、その規則が暗号資産取引を行う個人にも適用されること、そしてこれらの団体がその規則の無効化を求めていることを述べています。類似した記事では、その規則が暗号業界に与える潜在的な影響やステークホルダーが提起した懸念についても議論されています。しかし、新しい記事には、その規則のコンプライアンス日、SECが最終的なディーラー規則を裁判で守るという姿勢、LEJILEXやDeFi教育基金、Coinbaseなどの団体によるSECへの他の法的措置の言及など、類似した記事には見当たらない追加情報が提供されています。したがって、全体的なトピックは同じでも、新しい記事には類似した記事にはない新しい事実や詳細が含まれています。

ブロックチェーン協会とテキサスの暗号自由同盟は、業界に否定的な影響を与えると考えられる新たに採択されたディーラールールに関して、米国証券取引委員会(SEC)を提訴しました。訴状は、SECがディーラーの定義で権限を超え、ステークホルダーがデジタル資産やDeFiへの適用に関する懸念を解決しなかったと主張し、新しいルールを無効にするための裁判所命令を求めています。この新ルールは、暗号空間で重要な流動性提供役割を果たす市場参加者が連邦証券法を遵守することを求めています。

SECの新ルールは、2月に採択され、証券または政府証券として認定される暗号資産で取引する個人を対象としており、資産が5000万ドル未満の者は除外されています。このルールはDeFiも対象とし、業界団体から反発を受けました。CoinbaseやKrakenなどのメンバーに支持されるブロックチェーン協会は、ルールの拡張に挑み、業界への悪影響を防ぐことを目指しています。ルールのコンプライアンス期限は、2024年4月29日に発効した後1年間であり、SECは様々な団体からの法的挑戦に対して最終的なディーラールールを裁判所で激しく擁護すると強調しています。

この訴訟に加え、過去1年間には、テキサスの暗号自由同盟、デジタル資産企業LEJILEX、DeFi教育基金、およびCoinbaseなどの団体によって、SECに対する他の法的措置が取られています。これらの訴訟は、SECと暗号業界との間で行われている規制監督と既存法令の遵守に関する争いを浮き彫りにしています。これらの法的闘いの結果は、今後の暗号通貨や分散型金融の規制環境に大きな影響を与える可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: