5月にイーサETFの承認は見送られる、スタンダードチャータードは楽観的

By CoinDesk – 2024/04/24 00:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
香港当局、スポットビットコインおよびイーサリアムETFを承認
スタンダードチャータード銀行のジェフ・ケンドリック、ビットコインに強気見通し、年末目標は$150,0

新しい記事では、スタンダード・チャータードが5月にイーサリアムETFが承認される可能性は低いと予測しており、これは以前の期待とは異なるものです。また、最近の課題にもかかわらず、市場の回復に対する銀行の楽観主義について言及しており、ビットコインの年末価格目標を15万ドルに維持し、イーサリアムが8,000ドルに達すると予測しています。同様の記事では、ビットコインとイーサリアムETFの承認についても取り上げられており、1つは香港がこれらのETFを承認したことに焦点を当て、もう1つはスタンダード・チャータード銀行がビットコインに対する強気の見通しについて述べています。しかし、新しい記事では、イーサリアムETFの承認に関する銀行の修正された予測と、最近の市場の課題にもかかわらず継続する楽観主義について新しい情報が提供されています。したがって、これらの記事は共通のテーマを共有していますが、新しい記事は類似の記事に含まれていない新しい事実と分析を提示しています。

スタンダードチャータードは、米国の規制当局が5月にイーサリアムのETFを承認する可能性は低いと予測しています。今年初めにスポットビットコインETFの承認が暗号通貨市場の上昇を後押ししましたが、最近の課題にもかかわらず、同行は市場の回復に楽観的です。規制措置や地政学的緊張などのネガティブ要因がデジタル資産に影響を与えましたが、スタンダードチャータードは最悪の時期は過ぎ、市場は回復基調にあると考えています。

アナリストのジェフ・ケンドリックは、5月にイーサリアムETFの承認が疑わしいと述べ、銀行の以前の予測からの変更を示しました。SECの分散型ファイナンスへの焦点や、米国財務省の利回り上昇、地政学的紛争などの他のマクロ経済要因が市場のセンチメントに影響を与えています。これらの課題にもかかわらず、スタンダードチャータードはビットコインとイーサリアムの価格へのネガティブな影響が織り込まれており、ポジティブな市場ドライバーが再び主導権を握ると予想しています。銀行はビットコインの年末価格目標を15万ドルに維持し、イーサリアムの価格を8,000ドルに予測しています。

市場のダイナミクスが変化し、地政学的イベントに続くビットコイン先物市場のレバレッジロングポジションの大幅な減少が見られました。ビットコインスポットETFの流入減速は、地政学的緊張や米国財務省の利回り上昇などのマクロ経済的要因に起因しています。銀行は、初期のETF購入の波が完了したことで市場が一時停止すると予想し、次の段階ではより広範なマクロファンドが関与する可能性が高いとしています。現在の課題にもかかわらず、スタンダードチャータードはビットコインとイーサリアムの長期的な展望に前向きです。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: