金融界における機関投資家のデジタル資産の台頭

By CoinDesk – 2024/04/24 06:20:06 (JST)

機関投資家によるデジタル資産の採用が増加しており、BlackRockなどの主要プレーヤーが米国債を担保としたブロックチェーンベースのトークン化ファンドを立ち上げています。Franklin TempletonやKKRなどの他の機関も、さまざまなファンドや資産のトークン化に進出し、資本市場におけるデジタル革新と効率化への業界の移行を示しています。ステーブルコインは、安定した価値を持つプログラマブルデジタル通貨であり、即時の所有権移転や24時間365日の市場アクセスなどの利点を提供し、決済、資金管理、および国際送金において機関投資家に魅力をもたらしています。

JP MorganやSociete Generaleなどの金融大手が、支払いや決済にJPM CoinやSG-FORGEなどのステーブルコインを活用しており、機関投資家のデジタル資産への関心の高まりを示しています。利子を生むステーブルコインの導入や、ステーブルコインの裏付け要件に関する規制についての議論は、デジタルファイナンスの進化をさらに浮き彫りにしています。債券から住宅ローンまでのさまざまな資産のトークン化が一般化しつつあり、Figure Technologiesなどの機関が、投資家に対して効率性、セキュリティ、コスト削減を提供するトークン化製品の開発をリードしています。

機関がデジタル資産とブロックチェーン技術を受け入れ続ける中、金融業界はより効率的で安全な未来に向けて大きな変革を遂げています。伝統的な投資や資産のトークン化と、ステーブルコインやブロックチェーンベースのソリューションの採用は、より効率的で革新的な金融エコシステムへの移行を象徴しています。BlackRockやGoldman Sachsなどの主要プレーヤーがデジタル資産市場に参入することで、金融の未来はますますブロックチェーン技術とデジタル資産の世界と結びついています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: