Bitcoin 開発者、BIP 420 で OP_CAT の再導入を検討

By NFT Plazas – 2024/04/24 15:30:49 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
BIP-420がビットコインの契約とスマートコントラクトの提案を導入

新しい記事と類似した記事の両方が、BIP 420を通じてOP_CATオペコードの再導入について取り上げています。両方の記事は、この再導入による潜在的な利点について言及しており、スクリプトの機能拡張や将来の脅威に対するBitcoinの弾力性の向上などが挙げられています。両方の記事はまた、OP_CATの再導入のためのソフトフォークの提案についても言及しています。しかし、新しい記事では、提案された変更の具体的な詳細が提供されており、連結結果を520バイトに制限し、変更をtapscriptにのみ適用し、具体的にはOP_SUCCESS126に適用するという点が述べられています。これらの詳細は類似した記事には記載されていません。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は類似した記事にはない新しい事実を提供しています。

Bitcoin 開発者は、BastionZeroのEthan Heilmanが提案したBIP 420を通じて、OP_CATオペコードの再導入を検討しています。このオペコードは、Bitcoinスクリプト内でスタック値を連結することを可能にし、スクリプトの機能拡張やネットワーク内のOrdinalsとRunesへの影響をもたらす可能性があります。提案はメモリ制限を管理し、Bitcoinのプログラム可能な操作を強化することを目指しています。

OP_CATは、スクリプトスタックからトップ2つの値を結合し、その結果をスタックに戻すことを含み、多様なスクリプトの可能性を提供します。BIP 420は、連結された結果を520バイトに制限し、変更をtapscriptにのみ適用し、具体的にはOP_SUCCESS126に適用することを提案しています。再導入により、マルチシグ取引などのより複雑なスクリプトを可能にし、新しい暗号技術を通じてBitcoinの将来の脅威に対する耐性を高めることが期待されています。

OP_CATを再導入するために、BIP 420は、新機能を試験する開発者に機会を与えつつ、後方互換性を維持するためのソフトフォークを提案しています。Bitcoinコミュニティは、提案に関する議論に参加しており、その利点やセキュリティリスク、ネットワークの安定性についての懸念がさまざまな意見を呼んでいます。意思決定プロセスが続く中、最終的な決定はまだ下されていません。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: