ビットコインマイナー、ハーフィング後にAI統合を採用して収益源を多様化

By Blockworks – 2024/04/25 03:13:17 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoin(BTC)マイナー、ハーフィング後にAIへの移行を期待−CoinSharesレポートが
マーク・キューバン、ビットコインハーフィングとAIが鉱業業界に与える影響を探る

新しい記事では、ハーフィング後のビットコインマイニングにAI技術を統合することが主眼となっており、既にAIを取り入れ始めているマイナーとしてHut 8とBit Digitalが具体的に言及されています。記事では、AIが収益に大きく貢献する可能性についても言及され、年末までに収益の5〜10%に達する可能性があります。また、これに伴う潜在的な課題として、リソースや市場シェアへの競争、エネルギー効率とコスト管理の必要性が強調されています。類似した記事では、最初の記事もハーフィング後のAIへの移行について取り上げ、BitDigital、Hive、Hut 8を既にAIから収益を得ている企業として挙げています。また、ハーフィング後の採掘コストの増加やこれらの増加に対抗する潜在的な戦略についても議論されています。2番目の類似記事では、ハーフィングの影響とAIの採掘業界への潜在的な影響に焦点を当て、AIアプリケーションからのGPUへの需要についても言及しています。また、採掘活動にAIを統合する際の課題についても触れられています。ハーフィング後のビットコインマイニングにおけるAI統合の全体的なテーマには類似点がありますが、新しい記事には、年末までにAIが収益の5〜10%に貢献する可能性やリソースや市場シェアへの競争が含まれているなど、類似記事にはない具体的な詳細が提供されています。したがって、新しい記事には、類似記事に含まれていない新しい事実と分析が含まれています。

2024年のハーフィングイベントを受けて、ビットコインマイナーは、ブロック報酬の削減に戦略的に適応し、人工知能(AI)技術を事業に統合することを模索しています。特に、Hut 8やBit Digitalなどのマイナーは既にAIを取り入れ始めており、アナリストはAIが収益に大きく貢献し、年末までには5-10%に達する可能性があると予測しています。このAI多様化への転換は、特に銘柄鉱業株を通じて暗号通貨市場への露出を求める機関投資家を中心に、新たな投資家層を惹きつけると予想されています。AIの魅力は、特にビットコインの弱気相場のような市場の変動期において、上昇リターンと下落保護の両方を提供する潜在能力にあります。

現在のブルマーケットがマイナーを自己採掘の機会を最大化するためにエネルギーとハッシュレートの能力を増やすよう推進する中、AIと従来のビットコインマイニングプラクティスとの関係はますます複雑化しています。AIの運用は通常、エネルギーコストが高い環境で繁栄し、一方でビットコインマイニングは伝統的にエネルギーコストが低い場所を好む傾向があります。この二分法は、AIとビットコインマイニングがリソースと市場シェアを競い合う競争的な環境を生み出し、マイニングセクターの縮小をもたらす可能性があります。マイナーは、競争力を維持し、進化する業界の景観で持続可能性を保つために、エネルギーコストが最小限の困難なエネルギー源の利用に転換する必要があるかもしれません。AIとビットコインマイニングの進化する相互作用は、エネルギー効率とコスト管理の重要性を強調し、マイニングセクターとその技術の進展の将来の軌道を形作る上での重要な役割を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: