モルガン・スタンレー、ブローカーにビットコインETFの推奨を検討

By The Block – 2024/04/25 13:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
モルガン・スタンレー、ブローカーにビットコインETFの積極的なプロモーションを検討
ブロック報酬ハーフィング後、スポットビットコインETFがネット流入を記録

新しい記事では、モルガン・スタンレーが自社のブローカーにBitcoin ETFを顧客に推奨することを検討していること、リスク管理要件に焦点を当てています。また、米国で取引されている現物Bitcoin ETFの流入および運用資産に関する具体的なデータも提供しています。最初の類似記事もモルガン・スタンレーがBitcoin ETFの推進を検討していることを取り上げていますが、流入や運用資産に関する具体的なデータは提供していません。2番目の類似記事は現物Bitcoin ETFへの流入に焦点を当てていますが、モルガン・スタンレーの潜在的な方針変更については言及していません。したがって、新しい記事と類似記事の間には重複するテーマがありますが、新しい記事は類似記事にはない新しい事実と異なる焦点を提供しています。

モルガン・スタンレーは、AdvisorHubが報じたところによると、ブローカーに顧客に対してスポットビットコイン上場投資信託(ETF)の推奨を許可することを検討しています。同社は、リスク許容度の定義や割り当ておよび取引頻度の制限など、依頼された購入に対するリスク管理要件を整備しています。この潜在的な方針変更の具体的なタイムラインは明らかにされていませんが、モルガン・スタンレー、メリルリンチ、ウェルズ・ファーゴなどの主要な証券会社は、既に今年、スポットビットコインETFを提供し始めていますが、これは依頼されない基盤で行われています。

ブラックロック、グレースケール、アーク・インベストなどの金融大手からの米国で取引されるスポットビットコインETFは、SoSoValueのデータによると、水曜日時点で累積純流入額が122.9億ドルを超え、運用資産が536億ドルを超えています。特に、ブラックロックのIBITスポットビットコインファンドだけで、1,000のETFからの全流入額の24%を占めています。モルガン・スタンレーがブローカーにビットコインETFの推奨を許可する可能性がある動きは、伝統的な金融機関の間での仮想通貨への関心と投資の増加を反映し、主流への採用と受容の兆候を示しています。

仮想通貨市場が進化し、注目を集める中、モルガン・スタンレーなどの確立された金融機関が顧客に対してビットコインETFの推奨を提供することで、デジタル資産を伝統的な投資ポートフォリオに統合する動きが強調されます。米国で取引されるスポットビットコインETFにおける大きな流入と運用資産を考えると、主要証券会社がこれらの商品の依頼された購入を探る動きは、仮想通貨を広範な金融領域内で正当な投資オプションとして受け入れ、認識する過程であることを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: