米国のスポットビットコインETF、1日で1億2000万ドルの純流出

By The Block – 2024/04/25 14:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米国のスポットビットコインETF、3日連続で純流入を記録
ブロック報酬ハーフィング後、スポットビットコインETFがネット流入を記録

米国の現物ビットコインETFからの1日当たりの純流出額が1億2000万ドルに達し、複数のファンドがゼロの流れを示しているとの新しい記事が報じられました。また、ブラックロックのIBITは71日間のプラス記録を終了したことも言及されています。同様の記事では、米国の現物ビットコインETFの流入と流出についても議論され、ブラックロックのIBITとその連続した流入日数が特に言及されています。しかし、新しい記事では、更新された数字と新しい展開が提供されており、具体的にはブラックロックのIBITのプラス記録の終了と重要な1日当たりの純流出が報じられています。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は以前の類似記事に含まれていなかった新しい事実と最新情報を提示しています。

米国のスポットビットコインETFは、1日あたり1億2000万ドルの純流出を経験し、BlackRockのIBITを含む8つのファンドがゼロの流れを示しました。GrayscaleのGBTCは1億3042万ドルが流出し、FidelityとArk Investは合計約1,000万ドルの流入がありました。BlackRockのIBITが71日間のプラス記録を終了したにもかかわらず、BTC MarketsのRachael Lucasなどのアナリストは、ゼロの流入日は一般的であり、さまざまな市場要因や地政学的緊張による製品の失敗の兆候ではないと指摘しました。BITクリプト取引所の機関マーケティング責任者であるJoe Caselinは、ETFでのゼロの流れは珍しくなく、興奮が冷めている可能性があると述べました。彼は、フィアット通貨をビットコインの物語に統合する過程が徐々に進行しており、伝統的な金融が暗号通貨業界と調和するにつれて新たな流入が期待されると強調しました。ブルームバーグETFアナリストのJames Seyffartは、ETFの株式は供給と需要の不均衡に基づいて作成または破棄されるため、製品でゼロの流れが頻繁に見られると説明しました。The Block ETFデータダッシュボードによると、11のスポットビットコインETFの累積取引高は約2,300億ドルに近づいています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: