『ビットコイン看板男』、アイコン的看板を16 BTCで売却し、100万ドル以上を獲得

By CoinDesk – 2024/04/25 16:30:06 (JST)

ジャネット・イエレンの2017年の証言中に掲げられたオリジナルの「ビットコインを買う」サインが、ニューヨーク市のビットコインテーマのバーPubKeyでオークションにかけられ、16 BTCで売却され、100万ドル以上に相当する金額となりました。オークションハウスのScarce.Cityは、これを同プラットフォームの最高金額として記録しました。サインの新しい所有者であるSquirrekkywrathは謎に包まれており、Galaxyのアレックス・ソーンによって「ビットコインのOG」と表現されています。

売り手であるクリスチャン・ランガリスは、サインの売却益を自身のスタートアップであるTirrel Corpの資金として活用する意向でおり、Urbit上でビットコインライトニングネットワークウォレットを開発しています。ランガリスは2017年の下院金融サービス委員会の公聴会でサインを掲げたことで注目を浴び、規則違反により退場させられました。この出来事にもかかわらず、サインの画像はオンラインでバイラルを起こし、そのアイコン的な地位を確立しました。

「ビットコインを買う」サインのオークションは、仮想通貨関連の記念品に対する興味と価値の高まりを象徴しています。ランガリスの議会での大胆な行動は、伝統的な金融と暗号通貨の世界との進化する関係を示す、重要な財務機会へと変わっています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: