Renzo、コミュニティの不満を受けて初回エアドロップの割り当てをわずかに増やす

By The Block – 2024/04/25 18:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
RenzoがREZトークン経済と第1四半期リワードのエアドロッププロセスを公開
Renzoがコミュニティ参加を強化するためにトークン経済とエアドロップの条件を更新

The new article and the similar articles all discuss the Renzo Protocol's airdrop allocation and tokenomics. However, the new article provides updated information that is not present in the similar articles. Specifically, it mentions that the airdrop allocation has been increased from 5% to 7% due to community dissatisfaction, and the first airdrop claim date has been rescheduled to April 30. It also provides new details about the eligibility criteria for the airdrop, stating that participants now need at least 360 Renzo points to qualify. Furthermore, it discusses issues with Renzo-restaked ether (ezETH) losing parity with ETH, which resulted in significant losses for leveraged positions. These details are not present in the similar articles, which makes the new article contain new facts and therefore not a duplicate.

Renzo Protocolは、コミュニティの不満に応じて、エアドロップの割り当てを5%から7%に増やしました。トークンは2つの段階で配布され、最初のシーズンに7%、その後の段階に5%が割り当てられます。ユーザーエアドロップ用に割り当てられた総供給量は、100億トークンのうち12%であり、最初のエアドロップの請求日は4月30日に再スケジュールされました。エアドロップの資格基準が更新され、参加者は少なくとも360 Renzoポイントを取得する必要があります。以前は、資格のあるウォレットのトップ5%は、エアドロップの半分を6か月間にわたって受け取っていましたが、今では資格のあるウォレットの99%がローンチ時に完全にアンロックされます。これらの変更は、Renzo-restaked ether(ezETH)がETHとのパリティを失い、レバレッジポジションで大きな損失が発生した問題に続いて行われました。トークン価格は回復しましたが、ezETHはまだETHに対して2%のディスカウントで取引されています。プロトコルは、初期のトークン経済に関するコミュニティの不満に直面し、エアドロップの割り当てを調整しました。’ルーピング’に参加したエアドロップファーマーを失格にし、その後のezETHの売却により、レバレッジポジションで5,000万ドルを超える損失が発生しました。トークン価格は現在、ETHとのパリティに近づいており、現在3,053ドルで取引されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: