Bitcoinのロング清算が65000ドルを下回り、約4000万ドルに達する

By The Block – 2024/04/25 19:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoinが24時間で3.6%下落、$64,000を下回る
過去24時間で1億9300万ドルの清算、ロングポジションが最も影響を受ける

新しい記事と類似した記事はすべて、最近のビットコイン価格の下落とそれに続く清算について取り上げています。最初の類似記事では、ビットコインの価格が64,000ドルを下回ったことが報じられており、新しい記事でも同様に報じられています。2番目の類似記事では、暗号市場における清算について取り上げられており、これも新しい記事の重要なポイントです。しかし、新しい記事では、ビットコインのロング清算総額(3900万ドル)、暗号市場全体の清算総額(2億1200万ドル)、およびGrayscaleのGBTCファンドからの流出額(1億3042万ドル)など、より詳細な数字が提供されています。これらの具体的な数字は類似した記事には記載されていません。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は追加の詳細情報を提供しています。

Bitcoinのロング清算は過去24時間で約4000万ドルに急増し、価格は最近のハーフィングイベント前から見られなかった水準まで下落しました。清算総額は約4500万ドルで、そのうち約3900万ドルがBitcoinのロングポジションから発生しました。広範な仮想通貨市場も大規模な清算を経験し、主に約1億7800万ドルに達するロングポジションからのものでした。

Bitcoinの価格は過去24時間で3.6%以上下落し、64000ドルをわずかに上回っていました。同時に、Etherも同じ期間に3.5%下落し、3137ドルまで低下しました。GrayscaleのGBTCファンドは1億3042万ドルの流出を目撃し、他のスポットBitcoin取引所トレードファンドも流入が鈍化または停止しました。特筆すべきは、BlackRockのETFが71日間の流入記録の後、初めて流入のない日を迎え、その日にはFidelityのFBTCとARK 21Shares Bitcoin ETFだけが流入を記録しました。

Bitcoinの支配率はわずかに50.8%減少し、Etherの支配率は15.4%にわずかに増加しました。グローバル仮想通貨市場の時価総額は約3.6%減少し、トップ30の仮想通貨を代表するGM 30指数は同じ期間に4%減少して132.81になりました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: