Availのデータ可用性ソリューションが5つの主要なEthereum Layer 2ネットワークに統合

By PANews – 2024/04/25 22:12:01 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Arbitrum、Optimism、Polygon、StarkWare、ZkSyncによってAvai
AvailがLayer 2プロジェクトとデータ可用性統合を強化

新しい記事と類似した記事は、Availのデータ可用性ソリューションを5つの主要なEthereum Layer 2ネットワークと統合することについて議論しています。どちらも同じネットワーク、Arbitrum、Optimism、Polygon、StarkWare、およびzkSyncに言及しています。新しい記事と類似した記事は、近日中のトークンエアドロップと、NexusとAvail Fusionの2つのコア製品の導入についても言及しています。Availの共同創設者であるAnurag Arjunは、新しい記事と類似した記事の両方で引用されており、DAソリューションの立ち上げの準備が整っていることやNexusの開発が進行中であることを強調しています。新しい記事には、類似した記事で既にカバーされている事実や数字以外の新しい情報はありません。

Avail、Data Availability(DA)に特化したブロックチェーンプロジェクトは、Arbitrum、Optimism、Polygon、StarkWare、およびzkSyncの5つの主要なEthereumエコシステムの第2層ネットワークにDAソリューションを統合します。この統合により、ユーザーはAvailをデータ可用性サービスに利用するオプションが提供され、これらのネットワークが効率的にトランザクションデータを格納するためのより費用対効果の高いかつ迅速な方法が提供されます。

Availの共同創設者であるAnurag Arjunは、DAソリューションが現在テストネットフェーズにあるが、近く正式にローンチされる予定であると述べました。また、Availは来週トークンエアドロップを実施する予定であり、これらのロールアップネットワークのユーザーがAVAILトークンを受け取る資格があります。さらに、AvailはNexusとAvail Fusionの2つのコア製品を導入することを目指しており、これらはAvailエコシステム内の異なるロールアップを相互接続し、イーサリアムやビットコインなどの暗号資産のセキュリティを活用してAvailのセキュリティを強化します。

Arjunは、DAソリューションのローンチの準備が整っており、Nexusの開発が進行中であり、他のチームとの協力を強調し、統合をさらに強化しています。Availの取り組みは、暗号資産を活用したデータ可用性サービスとセキュリティを提供し、Ethereumの第2層エコシステムの効率とセキュリティに貢献することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: