Franklin Templetonのトークン化資産への拡大とBlackRockのBUIDLファンドとの競争

By The Block – 2024/04/26 00:00:05 (JST)

Franklin Templetonが、PolygonとStellarブロックチェーン上のBENJIトークンを活用して、オンチェーンの米国政府マネーファンド向けのピア・ツー・ピア送金を導入しました。この動きにより、同ファンドは32%の市場シェアを持ち、資産額は3億8400万ドルに達し、トークン化された米国債市場のリーダーとして位置付けられています。Franklin Templetonは、Franklin OnChain米国政府マネーファンドなどのブロックチェーンベースの資産を、広範なデジタル資産エコシステムとシームレスに統合することを目指しており、公開ブロックチェーンを活用した取引処理や株式所有権の記録において重要な一歩を踏んでいます。

競争の激しい環境の中で、Franklin Templetonは、Ethereum上でSecuritizeと提携してトークン化されたBlackRockのBUIDLファンドからの挑戦に直面しています。BUIDLは、ローンチからわずか1か月で市場シェアの25%を急速に獲得し、3億400万ドルの資産を運用しており、Franklin Templetonの市場支配に脅威を与えています。この競争にもかかわらず、Franklin Templetonの米国政府マネーファンドは、政府証券や関連インストゥルメントに焦点を当て、安定した1ドルの株価を維持しながら競争力のあるリターンを提供するよう設計されています。投資家は、Benji Investmentsモバイルアプリを通じてファンドにアクセスでき、便利な投資手段を提供しています。

さらに、Franklin Templetonは、EZBC米国スポットビットコインETFを運営しており、資産運用額は3億3400万ドルに達しています。デジタル資産への多角化は、同社の伝統的な提供に補完され、幅広い投資家のニーズに対応することを示しています。デジタル資産の環境が進化する中、Franklin Templetonのトークン化された政府証券やビットコインETFへの戦略的な動きは、投資家の要求に効果的に対応するために変化する投資環境に適応する資産運用業界の主要プレーヤーとして同社を位置付けています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: