ViaBTCが「エピック」な初のハーフニング後のサトシを213万ドルで売却

By CoinDesk – 2024/04/26 01:10:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ViaBTCがビットコインのハーフブロックを採掘し、報酬を取り分けた後に「エピックサット」をオークシ

ViaBTCによるビットコインのハーフィング後の「epic sat」のオークションについて、新しい記事と類似した記事の両方が議論しています。両方の記事はOrdinalsプロトコルとsatsの「一般的でない」、「稀少」、「epic」などのカテゴリーについて言及しています。類似した記事では、オークションプロセス、開始入札額、特定時点での最高入札額に関する詳細な情報が提供されています。また、ユーザー間での支払い記録に関する混乱や、ViaBTCが資金を配布する計画についても議論されています。一方、新しい記事では、「epic sat」の最終オークション価格が提供されており、これは類似した記事に含まれていない新しい事実です。したがって、全体的な内容は似ていますが、新しい記事には報道する価値のある新しい情報が含まれています。

ViaBTCがBitcoinの最近のハーフニング後に最初のブロックを採掘し、初のサトシを33.3 BTC、約213万ドルで売却しました。このサトシのオークションは、CoinEx取引所で競り合いの末に終了しました。Bitcoinの4回目のハーフニングイベントに続いて、初のサトシは多額の関心を集め、何人かはそれが数百万ドルに達すると予測していました。Ordinalsプロトコルの導入により、サトシは他のネットワークのNFTに似た独自の識別と取引が可能となりました。Ordinalsの創設者であるCasey Rodarmorは、サトシの希少性を分類するシステムを確立し、「一般的」、「稀少」、「エピック」などのカテゴリに分類しました。この革新的なアプローチは、暗号空間におけるサトシの取引と評価に新たな次元を加えました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: