ConsensysがSECに対してETH規制を巡る訴訟を提起

By Blockworks – 2024/04/26 03:22:09 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
SECが暗号通貨規制に関連してEthereumとConsensysを調査

新しい記事と類似した記事の両方がSECがイーサリアムとConsensysを精査していることを取り上げています。しかし、新しい記事は、ConsensysがSECに対して規制の過剰さを主張し、訴訟を起こしたという重要な新事実を提供しています。これは類似した記事には言及されていない重要な展開です。新しい記事はまた、訴訟に関する詳細を提供しており、ETHが証券の特性を持っていないというConsensysの主張や、同社がSECにスポットイーサーETFの承認を求めていることを述べています。これらの詳細は類似した記事には含まれていません。したがって、SECがイーサリアムとConsensysを精査するという全体的なトピックは同じですが、新しい記事は類似した記事にはない新しい事実や展開を提供しています。

ConsensysがSECに対してETHを証券として規制しようとすることについての規制超過を主張する訴訟を提起しました。訴状は、ETHが証券の属性を持っておらず、SECが以前にETHが同様に証券でないと述べたことを指摘しています。会社は、Gary Gensler議長の下でSECが暗号空間で権力を掌握しようとしていると非難しています。

訴訟は、Genslerが暗号セクターでSECの権限を拡大することにコミットしていることを強調し、デジタル資産市場での取り締まり活動と調査が増加していることを指摘しています。Consensysは、SECが2018年にETHを証券として認定しないと宣言したことを強調し、元SEC職員であるWilliam Hinman氏のスピーチを引用してETHのステータスを明確にしました。この訴訟は、以前の報告によると、SECがEthereumに関連する暗号企業を調査している可能性があることを示す一連の展開の一環です。

SECの行動に対応して、Consensysは、SECが以前に承認したBitcoinベースのETPよりも優れたEthereumの高度なセキュリティ対策を強調し、スポットのイーサETFを承認するよう規制当局に求めています。この訴訟と進行中の展開は、暗号通貨を取り巻く規制環境の変化とSECのETHなどのデジタル資産の分類に対する姿勢を反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: