ConsensysがSECに対してEthereumの権限を巡る訴訟を提起

By CoinDesk – 2024/04/26 03:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ConsensysがSECに対してETH規制を巡る訴訟を提起
SECが暗号通貨規制に関連してEthereumとConsensysを調査

ConsensysがSECに提訴した訴訟についての新しい記事と類似した記事はすべて、SECがイーサリアムに対する規制権限を争い、ETHが証券ではないと主張していることを取り上げています。両方の記事は、SECが過去に発表したイーサリアムを商品と見なすという声明を言及し、機関がイーサリアムに対する権限を疑問視しています。また、暗号通貨業界におけるSECの規制強化が強調され、Binance、Kraken、Uniswapなどの他の暗号通貨企業への言及があります。しかし、新しい記事では、類似した記事には記載されていないConsensysの主張の一環として「major questions doctrine(重要な問題主義)」が紹介されています。この主義は、暗号空間におけるSECの規制の過剰さに対抗するために使用され、類似した記事に含まれていない新事実と考えられます。

ConsensysがSECに対してEthereumの権限を巡る訴訟を提起し、ETHが証券ではないと主張しています。同社はETHが証券でないことを裁判所に宣言させ、この考えに基づく任意の調査は権利を侵害すると述べています。また、Consensysは、MetaMaskウォレット製品が証券法に違反していないと否定し、ブローカーではなく顧客の資産を保有していないと主張しています。

訴状は、SECが過去にEthereumを商品であると述べており、証券ではないという声明を強調し、CFTCの監督に比べてSECのEthereumに対する権限を疑問視しています。Consensysは、SECの行動が公正な通知の憲法上の要件に違反し、Ethereumネットワークに否定的な影響を与える可能性があると主張しています。訴訟は、SECが特定の暗号資産を証券として扱うことを阻止しようとする他の団体や企業に加わり、規制当局と暗号企業との間の広範な法的闘争の一環です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: