StripeがサークルのUSDCステーブルコインを介して暗号通貨支払いを再開

By CoinDesk – 2024/04/26 04:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Stripeが今夏にUSDC支払いを可能に:暗号通貨ベースの商取引を復活
Stripeがユーザーエクスペリエンスを向上させて暗号通貨支払いを再導入

新しい記事と類似した記事はすべて、StripeがCircleのUSDCステーブルコインを通じて暗号通貨支払いを再導入する決定について取り上げています。すべての記事は、Stripeが2014年に暗号通貨空間に進出し、2018年にビットコインのボラティリティに対する懸念から撤退したことを言及しています。記事はまた、取引速度とコストの改善点を強調し、これにより暗号通貨がより実用的な交換手段となったことを述べています。しかし、新しい記事には類似した記事にはない追加情報が提供されています。支払いがSolana、Ethereum、およびPolygonブロックチェーンでサポートされることが言及されています。また、Stripeの評価額や今年処理した取引量に関する具体的な数字も提供されています。これらの詳細は類似した記事にはないため、新しい記事はユニークです。

StripeがサークルのUSDCステーブルコインを介して暗号通貨支払いを再開します。同社は2014年に暗号通貨市場に参入しましたが、2018年にビットコインの変動性と取引の問題を理由に取りやめました。しかし、取引速度の向上とコストの低下により、Stripeは暗号通貨を交換手段として有用と見なしています。

2019年のLibraプロジェクトからの撤退にも関わらず、Stripeは現在、暗号通貨の有用性を受け入れています。支払いはSolana、Ethereum、Polygonのブロックチェーンでサポートされます。この年には650億ドルの評価額と1兆ドル以上の取引があり、Stripeの暗号通貨市場への再参入は、デジタル通貨の支払いに対する受容と実用性の向上を反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: