‘Bitcoin Sign Guy’、オリジナルの看板を16 BTCで記録的なオークションで売却

By CoinDesk – 2024/04/26 06:10:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
ジャネット・イエレン元議長の2017年スピーチでの「ビットコイン購入」サインが100万ドルで売却 |

新しい記事と類似した記事の両方が、2017年のジャネット・イエレンの議会証言からのオリジナルの「ビットコインを購入する」看板の売却について取り上げています。両方の記事は、その看板がビットコインで100万ドル以上に相当する金額で売却され、オークションがニューヨーク市のビットコインをテーマにしたバーであるPubKeyで行われたことを述べています。バイヤーであるSquirrekkywrathは、両方の記事で言及されています。両方の記事は、売却益がクリスチャン・ランガリスのスタートアップであるTirrel Corp.の資金として使用されることを述べています。類似した記事は、その看板がビットコインの歴史における重要性やビットコイン価格への影響について追加の文脈を提供していますが、これらの詳細は新しい事実ではないため、新しい記事には既に類似した記事で取り上げられている新しい事実や詳細が含まれていないようです。

ヤネット・イエレンの2017年の議会証言中に掲げられたオリジナルの「ビットコインを購入」サインは、Scarce.Cityによるオークションで16 BTCで売却され、プラットフォームの記録を樹立しました。オークションは、ニューヨーク市のビットコインテーマのバーであるPubKeyで行われました。サインの新しい所有者であるSquirrekkywrathは謎のままであり、Galaxyのリサーチヘッドによって「ビットコインOG」と表現されています。

サインの売却益は、クリスチャン・ランガリスのスタートアップであるTirrel Corpの資金として使用される予定であり、同社はUrbit上でビットコインライトニングネットワークウォレットの開発に取り組んでいます。ランガリスは、連邦議会金融サービス委員会の公聴会中にサインを掲げた個人であり、委員会規則に違反したために建物から退去させられましたが、その間にサインの画像はオンラインで拡散されました。この出来事によって注目を集めたにもかかわらず、ランガリスの焦点はサインのオークションで re れた資金を用いてスタートアップの開発に向けられています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: