英国の法執行機関が犯罪やテロに使用された暗号資産の差し押さえを支援する権限が発効

By CoinDesk – 2024/04/26 08:10:05 (JST)

英国の新たな権限により、法執行機関は逮捕することなく犯罪に使用された暗号資産を差し押さえることが可能となりました。昨年成立した犯罪法に基づくこれらの規則は、犯罪活動によって得られた資産を標的とし、犯罪者が匿名性を保護したり海外で活動したりしていても対応します。警察は既に膨大な量の暗号資産を差し押さえており、米国のDEAと協力して現金と暗号資産合わせて1億5000万ドルを没収しました。

法執行官は差し押さえた暗号資産を当局が管理するウォレットに移すことができ、これらの資産を公共の利益に反する場合は破壊することができます。プレスリリースでは、プライバシーコインが破壊の対象となる可能性が示されました。これらの措置は、犯罪活動の進化に対抗する上で重要であり、Adrian Foster氏が犯罪の変化に適応する重要性を強調しています。

新たな権限は、テロ組織などの資金調達に暗号取引を利用するDaeshなどの組織を効果的に妨害することで国家安全保障を向上させることが期待されています。内務大臣James Cleverly氏は、更新された措置がこれらのグループから資産を奪うのに役立つと述べました。違法活動から暗号資産を迅速に制限、凍結、または排除する能力は、金融犯罪やテロ資金調達との戦いにおいて重要な前進と見なされています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: