ビットコインETFの流れを超えて: ステーブルコインと国債曲線のダイナミクスが暗号市場に影響を与える

By CoinDesk – 2024/04/26 08:30:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoin(BTC)とEther(ETH)価格が規制上の懸念とETFの変動により下落

新しい記事では、ステーブルコインの流入と米国債曲線の「非逆転」が暗号市場に与える影響に焦点を当て、ビットコインについて論じています。ETFの発売以来、トップステーブルコインの総時価総額の増加に関する具体的な数字を提供しています。また、連邦準備制度の行動や地政学的な出来事がリスク資産や暗号通貨に与える潜在的な影響についても議論しています。一方、類似の記事では、規制上の懸念やETFの変動によるビットコインとイーサリアムの価格の下落について論じています。さまざまなビットコインETFの流入と流出に関する具体的な数字を提供しています。また、米国でのステーブルコインに関する法案についても言及しています。両方の記事は暗号市場を取り上げ、ステーブルコインに触れていますが、各記事で提供される焦点や具体的な詳細は異なります。新しい記事は、類似の記事に含まれていない新しい事実と分析を提供しています。

暗号市場の安定性と潜在的な価格変動は、ビットコインETFの流れを超えた要因に影響を受けています。ETFではなく、ステーブルコインの流入が、暗号価格を高い水準に保つ上で重要な要因となっています。これらの流入は、市場に流入する純資本の代理と見なされ、ETFが開始されて以来、トップステーブルコインの時価総額が256億ドル増加し、価格を6万ドルから7万ドルの間で維持しています。Tether(USDT)やUSD Coin(USDC)などのステーブルコインは、暗号通貨の購入やデリバティブ取引を容易にする重要な役割を果たしており、市場の強さの重要な指標となっています。ステーブルコインの供給拡大は、スポットETFへの流入を上回っており、暗号価格を支える重要性が強調されています。

市場に影響を与える別の要因は、米国国債曲線の「逆転の解消」であり、潜在的な下降ボラティリティを示しています。曲線の正常化は、財政政策や金融政策への信頼喪失を示す可能性があり、これは暗号通貨などのリスク資産に影響を与えます。この環境は、ビットコインの不安定性に対するヘッジとしての役割に挑戦を与え、市場の不確実性の中でその耐久性を証明する機会を提供しています。 Marex Solutionsのデジタル資産共同責任者であるIlan Solotは、利回り曲線のダイナミクスの影響を強調し、ベアスティープニングが、連邦準備制度が曲線に遅れを取っているか、財政政策が緩んでいるという懸念を反映している可能性があると述べました。これらの展開は暗号市場に影響を与え、ビットコインが安全な避難資産

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: