香港での仮想資産スポットETFの市場メーカーに華盛証券

By PANews – 2024/04/26 12:49:04 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
中国本土の投資家は香港の仮想資産スポットETFを取引できません
香港SFC、華夏、博時、嘉石からのビットコインとイーサリアムのスポットETFを承認

新しい記事は、CS BitcoinおよびEthereumスポットETFを含む香港の仮想資産スポットETFの市場メーカーとして華盛証券を発表し、華夏BitcoinおよびEthereum ETFを取り上げています。これは、類似の記事には言及されていない新しい事実です。最初の類似記事は、香港証券先物委員会が承認した最初の6つの仮想資産スポットETFの一括取引が中国本土の投資家にはできないことを取り上げていますが、華盛証券の市場メーカーとしての役割については触れていません。2番目の類似記事は、華夏、博时、ハーベストからのBitcoinおよびEthereumスポットETFの承認を発表していますが、再び、華盛証券の市場メーカーとしての役割については触れていません。したがって、新しい記事には、類似記事にはない新しい事実が含まれています。

華盛証券は、CS BitcoinおよびEthereum Spot ETF、Huaxia BitcoinおよびEthereum ETFを含む香港の仮想資産スポットETFの市場メーカーの一つとなりました。香港証券取引所は、この初めての仮想資産スポットETFの一括を発表し、華盛証券を主幹引受人として指定し、投資家の申し込みを可能にしました。以前、同社はSouthern Dongying BitcoinおよびEthereum Futures ETFの発行に関与していました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: