フィデリティのスポットビットコインETFが初めて流出を記録 | ザ・ブロック

By The Block – 2024/04/26 13:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米国のスポットビットコインETF、1日で1億2000万ドルの純流出
ブラックロックのビットコインETF、IBIT、71日間の流入記録が途切れる

新しい記事と類似した記事は、FidelityのFBTCやBlackRockのIBITを含むさまざまなBitcoin ETFからの資金流出について議論しています。すべての記事で、BlackRockのIBITの71日間の資金流入記録が終了したことが言及されています。ただし、新しい記事では、これらのファンドからの流出額についてより具体的な数字が提供されており、FidelityのFBTCからの2300万ドルの流出やGrayscaleの変換ETFからの1億3937万ドルの流出などが挙げられています。また、類似した記事では取り上げられていないFranklin TempletonのEZBCへの流入も言及されています。さらに、新しい記事では、過去24時間に清算されたビットコインの取引価格と量についても言及されており、これらは類似した記事には記載されていません。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は類似した記事には含まれていない新しい事実や数字を提供しています。

フィデリティのスポットビットコインETFであるFBTCは木曜日に約2300万ドルの日次純流出を記録し、1月の上場以来初めてのこととなりました。この流出は、さまざまな米国のビットコインファンドが合計217.58百万ドルの流出を目撃する大きなトレンドの一部でした。特に、Grayscaleの変換ETFは1億3937万ドルを失い、Ark InvestやValkyrieなどの他のファンドも大きな流出を目撃しました。

多くのファンドで見られた流出とは対照的に、Franklin TempletonのEZBCは日次純流入額が187万ドルで唯一のファンドでした。しかし、BlackRockのIBITファンドは木曜日にゼロの流れを報告し、71日間のプラスの流れを断ちました。アナリストは、ビットコインハーフィング後、ファンドの流入が最小限であり、ビットコインに注目を集める重要なイベントが近い将来にはないことを指摘しました。

掲載時点では、ビットコインは64410ドルで取引され、過去24時間で約5820万ドル相当のビットコインが清算されました。このうち、3500万ドルはロングポジションから来ています。全体的な市場のセンチメントは、限られたファンドの流入と、ビットコインに注目を集める重要なイベントが欠如していることを反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: