ビットコインマイナーMarathon Digital、ハーフニング後の拡大計画で目標を上回る

By Blockworks – 2024/04/26 22:04:30 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
マラソンデジタル、2024年までにハッシュレートを倍増目指す

まず、この記事と類似した記事の両方が、Marathon Digitalのハーフニング後の拡張計画と、2024年末までにハッシュレートを50 EH/sに達することを目指していることについて述べています。両方の記事は、この成長が完全に資金提供されており、同社が事業拡大に伴い効率を向上させる計画であることも言及しています。ただし、この記事はMarathonの現在のハッシュレート(27.8 EH/s)、現金残高(3億2400万ドル)、およびバランスシート上のBTCの数量(17,381)についてより具体的な詳細を提供しています。また、テキサスとネブラスカのマイニング施設の取得、およびテキサスの追加施設の87百万ドルでの取得についても言及しており、これは類似した記事には記載されていません。したがって、全体的なテーマは同じですが、この記事は類似した記事にはない新しい事実と数字を提供しています。

ビットコインマイナーMarathon Digitalは、ハーフニング後の拡大計画で期待を上回り、3月末までにハッシュレートが27.8エクサハッシュ/秒に達した。2025年末までに50 EH/sを目指していたが、最高経営責任者(CEO)は、買収や既存の機器注文による能力向上により、この目標は2024年末までに達成されると考えている。同社の成長は、バランスシート上に$324 millionの現金と17,381 BTCを有することで完全に資金化されている。

Marathonは積極的に事業を拡大し、テキサス州とネブラスカ州にマイニング施設を取得し、さらにテキサス州の追加サイトを現金で8700万ドルで購入した。同社は50 EH/sに到達することを目指しており、テラハッシュあたりの21ジュールまでのフリート効率向上も計画している。効率の改善と事業の拡大は、ハーフニング後のマイナーにとって重要な優先事項であり、業界の専門家は、効率の低いマイナーが採掘報酬の削減や競争の激化により苦戦する可能性があるため、セクター全体での統合が予想されている。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: