Custodia銀行、Fedマスターアカウント訴訟で敗訴を不服申し立て

By CoinDesk – 2024/04/27 12:10:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Custodiaが連邦準備制度のマスターアカウントを受ける権利がないと判決を受けた後、控訴を申し立て

この記事と類似した記事の両方が同じ出来事について議論しています:Custodia Bankが、連邦準備制度が提出したマスターアカウントの入札を拒否した裁判の判決に対する控訴。両記事で取り上げられている主なポイントは、連邦準備銀行がマスターアカウントの申請を拒否する権限に対する裁判所の強調、金融システムへの潜在的な影響、および暗号銀行が直面する法的および規制上の課題です。どちらの記事も、他方には存在しない特定の新しい事実や数字を提供していないため、この記事の内容は類似した記事と区別する新しい情報を提供していないように見えます。

この判決は、数年にわたる法的手続きの後に出され、米国金融システムの統合性を維持するために、連邦準備銀行がマスターアカウント申請を拒否する裁量を持つことの重要性を浮き彫りにしました。スコット・スカブダール判事は、この裁量がない場合、州が規制基準を引き下げて企業を引き付ける競争が生じ、規制が不十分な機関が中央銀行の残高やサービスにアクセスするリスクがあると強調しました。

裁判所の判決後、Custodiaは判決を検討する意向を示し、Fedが法的費用を請求しようとしたことに異議を唱えました。これは、控訴手続きが継続中であり、今後の企業による政府機関や準政府機関に対する訴訟に対する潜在的な抑止効果を理由に挙げました。この事例は、連邦準備制度などの重要な金融インフラへの直接アクセスを求める暗号通貨銀行が直面する複雑な法的および規制上の課題を浮き彫りにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: