香港本土機関、仮想通貨スポットETFの申請を取り下げ

By PANews – 2024/04/27 16:04:17 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
中国本土の投資家は香港の仮想資産スポットETFを取引できません
香港での仮想資産スポットETFの市場メーカーに華盛証券

この記事を類似記事と比較する過程で、いくつかの重要なポイントが考慮されました。この記事の主な焦点は、香港の機関であるWisdomが、未準備と限られたリソースのために仮想通貨スポットETFの申請を取り下げたことです。これは類似記事には言及されていない新しい事実です。類似記事では、中国本土の投資家が最初の6つの仮想資産スポットETFを取引できないという問題や、華盛証券が香港の仮想資産スポットETFの市場メーカーに指定されたことが取り上げられています。すべての記事が香港の仮想資産スポットETFについて議論していますが、この記事で提示されている具体的な詳細や事実は異なります。したがって、この記事には類似記事でカバーされていない新しい情報が含まれています。

香港の機関Wisdomは、準備不足と限られたリソースのため、仮想通貨スポットETFの発行申請を取り下げました。他社と異なり、Wisdomは香港でのETF事業が弱く、先行観察を計画しています。本土の投資家はこれらのETFの取引が制限されており、許可されれば最大250億ドルの資金が集まると推定されています。しかし、BloombergのアナリストEric Balchunasは、市場規模や取引アクセスの制限、流動性の懸念から成功を疑問視しています。

10x ResearchのMarkus Thielenは、本土の投資家が参加できれば、BitcoinスポットETFは大きな資金を集める可能性があると考えています。しかし、本土の投資家への制限や市場規模、流動性の懸念が、これらのETFの成功を阻害する可能性があります。香港市場での仮想通貨スポットETFの持続可能性については、依然として疑念が残っています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: