ジョン・デイトン、米国SECへの挑戦でCoinbase支援、上院選を視野に

By CoinDesk – 2024/04/27 19:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
プロ暗号弁護士ジョン・デイトン、SEC対コインベース訴訟に参加:法廷闘争が激化

新しい記事と類似した記事の両方が、CoinbaseとSECの法的闘争におけるJohn Deatonの関与について取り上げています。両方の記事は、DeatonがSECがトークンを証券と定義するアプローチに対する立場や、以前にRipple LabsとSECの法的紛争に関与していたことを強調しています。また、彼の政治的な野望についても触れ、具体的には、今後の総選挙でElizabeth Warren上院議員に挑戦する意向を示しています。しかし、新しい記事には類似した記事にはない追加情報が提供されています。Deatonがテキサス州オースティンで開催されるConsensus 2024で講演する予定であり、これによりデジタル資産コミュニティでの彼の存在感がさらに強化されます。この新しい事実は類似した記事には言及されておらず、新しい記事が重複ではないことを示しています。

弁護士であり上院候補のジョン・デイトンは、CoinbaseがSECとの法的闘いで支援するため、裁判所に友情出席状を提出しました。デイトンは、SECがHoweyテストに基づいてすべてのデジタル資産取引を証券として分類することで権限を乱用していると主張し、取引ごとに分析すべきだと考えています。デイトンのこのケースへの関与は、彼が暗号産業を支持し、規制の解釈に挑戦する意思を示しています。

デイトンのSECに対するトークンの証券としての定義に対する立場は、以前にSECとの法的紛争に関与していたRipple Labsと一致しています。上院候補であり、共和党の予備選挙で競争に直面しているにもかかわらず、デイトンは次回の総選挙でエリザベス・ウォーレン上院議員に挑戦することを目指しています。しかし、世論調査データによると、ウォーレン氏が上院議席を維持する可能性が高いため、デイトンの政治的な野望には大きな障害があります。

法的および政治的な活動に加えて、デイトンはテキサス州オースティンで開催されるConsensus 2024で講演する予定であり、デジタル資産コミュニティにおける存在感を一層強化しています。彼の法的闘いへの積極的な関与と公の場への登場は、暗号産業内での公正な取り扱いと規制の明確化を提唱する彼の姿勢を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: