Movement LabsがEthereum上でのMovement L2ブロックチェーン開発のために3800万ドルを調達

By CoinDesk – 2024/04/28 20:20:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Movement LabsがEthereum Layer 2プロジェクトのために3800万ドルのシリ
Polychain Capitalが主導する38百万ドルの資金調達でMovement LabsがFa

Movement LabsがPolychain Capitalを主導とするシリーズAのファイナンスラウンドで3800万ドルを調達したことを報じた新しい記事と類似した記事はすべて、Moveプログラミングパラダイムに基づくLayer-2 EthereumブロックチェーンであるMovement L2の開発に充てられるとしています。これらの記事は、ブロックチェーン実行環境であるMove Stackの導入と、今後のテストネットフェーズについて言及しています。類似した記事では、新しい記事には記載されていないトークンの発行の可能性も言及されていますが、これは憶測に基づく情報であり、新しい事実とは見なされません。2番目の類似記事は、同社の拡大計画と公開テストネットであるParthenonの立ち上げに関する追加情報を提供していますが、これらの詳細は新しい記事には含まれていません。したがって、提供される詳細にはわずかな違いがありますが、報告される中核的な事実は同じです。

ブロックチェーン企業のMovement Labsは、Polychain Capitalを主導とするシリーズAのファイナンスラウンドで3800万ドルを調達しました。同社の主な目標は、FacebookのMove Virtual MachineをEthereumネットワークに導入することで、Moveプログラミングパラダイムに基づく新しいLayer-2 EthereumブロックチェーンであるMovement L2を立ち上げることです。Moveテクノロジーをプラットフォームに組み込むことで、Movement Labsは市場に存在する既存のLayer-2ソリューションの能力を上回るセキュリティ対策と取引速度を向上させることを目指しています。

AptosやSuiブロックチェーンとの関連で広く知られるMoveは、低い取引手数料と高いスループットを重視しています。Ethereum Layer-2エコシステムにMoveテクノロジーを拡張することで、Movement Labsはブロックチェーンネットワークのセキュリティを強化し、より迅速でコスト効率の良い取引を実現しようとしています。最近の資金調達ラウンドには、Hack VC、Placeholder、Archetypeなどの著名なベンチャーキャピタル企業が参加し、MoveやSolidityプログラミング言語を利用する開発者向けに安全で効率的なブロックチェーンソリューションを提供するMovementのビジョンに業界が信頼を寄せています。

Movement L2プラットフォームに加えて、同社は人気のあるブロックチェーン構築フレームワークであるOP StackやArbitrum Orbitと互換性のあるブロックチェーン実行環境であるMove Stackを導入しています。さらに、Movement LabsはL1とL2チェーン間の通信を容易にするための共有シーケンサーを開発し、ネットワークインフラに分散化の要素を取り入れています。Movement L2が今夏にテストネットフェーズに入る予定であり、プロジェクトは分散化とセキュリティを開発戦略の基本的な柱として強調し、発足から

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: