Solanaベースのio.net CEOがネットワーク攻撃とGPUスプーフィングの懸念に対処

By The Block – 2024/04/29 07:50:06 (JST)

Solanaベースのio.netのCEOであるAhmad Shadidは、プラットフォームのGPU供給に関する批判に詳細な事後分析で応じました。ユーザーがGPUデータを操作して将来の報酬を受け取ろうとしたことで、ネットワークが標的にされたことを明らかにしました。Shadidはこの出来事を「痛ましい教訓」と認めましたが、今後のリリースや$IOトークンの立ち上げに支障が出ることはないと強調しました。同社は、ネットワークに接続しようとする約180万個の偽のGPUの急増を検知し、これらのデバイスを特定してブロックするための即座の措置を取りました。

実際のデバイスとスプーフィングされたデバイスを区別する過程で、io.netは一時的な混乱に直面しました。Shadidは、ネットワークインフラが現在完全に稼働しているものの、パートナーがプラットフォームに再参加するにつれてGPU供給が一時的に減少する可能性があることを明確にしました。攻撃にもかかわらず、Shadidは企業の開発計画が順調であることをステークホルダーに保証しました。彼はサプライヤー向けの新しい報酬プログラムの開始と、IO Cloud v2および$IO Coinの今後のリリースを言及し、これらの障害が進行を妨げないことを強調しました。

プラットフォームの正当性に対する疑念に応じて、io.netの幹部、チーフセキュリティオフィサーおよびチーフテクニカルオフィサーが懸念を払拭し、攻撃中に直面した課題を認めました。事件の背後に潜む動機についての憶測が生まれ、個人的な問題や競争的な関心と関連がある可能性が示唆されました。困難にもかかわらず、ネットワークはコンピューティングサービスを提供し続け、月に数万時間のコンピュートを行い、拡大を続けています。企業は、途中で遭遇した障害にも動じず、目標に集中しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: