io.net、セキュリティインシデントに対処成功、ローンチ計画に影響なし

By PANews – 2024/04/29 08:52:16 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Solanaベースのio.net CEOがネットワーク攻撃とGPUスプーフィングの懸念に対処

新しい記事と類似した記事の両方が、io.netにおける偽のGPUを巡るセキュリティ攻撃の同じ出来事について取り上げています。両方の記事は、1.8百万台の偽装デバイスがブロックされたという同じ数字を述べています。また、両方とも一時的なGPU供給の減少と、パートナーがネットワークに再参加している事実についても取り上げています。CEOの対応と安心策も両方の記事で取り上げられており、今回の出来事が今後のリリースや$IOトークンに影響を与えないことも述べられています。両方の記事はまた、サプライヤー向けの2回目の報酬プログラムと、IO Cloud v2および$IO Coinの今後のリリースについても言及しています。したがって、新しい記事には、すでに類似した記事で取り上げられていた新しい事実や数字は見当たりません。

io.netのCEOは、セキュリティインシデント後の分析を共有し、チームがサイビル攻撃者を追放し、セキュリティパッチをリリースし、将来のインシデントを防ぐための新しいセキュリティモデルを実装したことを述べました。一時的なGPU供給の減少にもかかわらず、ネットワークは完全に稼働し、パートナーが再参加しています。ネットワークは偽のGPUを使用した攻撃に直面しましたが、チームは迅速に接続を試みた180万台の偽のデバイスをブロックしました。

セキュリティインシデントはio.netの開発計画に影響を与えず、サプライヤー向けの2回目の報酬プログラムの開始は5月1日から30日に予定されています。IO Cloud v2とIO Coinの導入計画は、攻撃に影響を受けずに計画通り進行しています。CEOのシャディド氏は、最近のセキュリティの課題にもかかわらず、ネットワークの強靭さとスムーズな運用継続の準備を強調しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: