韓国、犯罪増加に伴い暫定的な暗号通貨捜査部門を正式化へ

By The Block – 2024/04/29 12:30:10 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
暗号通貨犯罪への対処:規制措置の緊急性

新しい記事は、韓国が仮想通貨関連犯罪に対抗する取り組みに焦点を当て、仮想通貨犯罪捜査部門を常設部門に昇格させる取り組みを紹介しています。また、市場操作に対する厳しいペナルティを含む包括的な仮想通貨規制の導入も言及されています。一方、類似の記事では、米国の状況とFBIが報告した損失に焦点を当て、仮想通貨犯罪に対抗するための規制措置の緊急性について議論されています。また、北朝鮮、イラン、ロシアのグループが仮想通貨関連の窃盗やハッキングに関与していることも言及されています。両記事とも仮想通貨関連犯罪の問題と規制措置の必要性について議論していますが、異なる地域に焦点を当て、異なる具体的事項を提供しています。新しい記事は、韓国の具体的な行動や計画に関する新しい事実を提供しており、類似の記事には言及されていない情報を提供しています。

韓国は、デジタル資産に関連する犯罪と詐欺件数の増加に対処するため、暫定的な暗号通貨犯罪捜査部門を常設部門に昇格させる計画です。司法省と内務安全省は、新たな検察官の任命や予算配分を通じて効率を向上させることを目的として、共同仮想資産犯罪捜査部門を公式部門に昇格させる議論を行います。この部門は、2023年7月に設立され、7つの金融および税務規制機関から約30人の専門家で構成され、デジタル資産犯罪に焦点を当てています。

韓国では、2023年に地元の暗号通貨企業が報告した可疑取引が前年比49%増の16,076件となるなど、暗号通貨関連の犯罪活動が急増しています。これに対応して、韓国は7月19日に初めて包括的な暗号通貨規制を導入し、投資家を保護します。新しい規制には、市場操作に対する厳格な刑事罰が含まれ、一部のケースでは終身刑の可能性もあります。これらの措置は、政府が暗号空間での不正活動に対処し、市場参加者を保護するための取り組みの一環です。

常設の暗号通貨捜査部門を設立し、厳格な規制を導入する動きは、韓国がデジタル資産部門での犯罪と詐欺の増加に取り組む姿勢を反映しています。捜査部門を形式化し、包括的な規制措置を導入することで、政府は監督を強化し、不正活動を抑止し、投資家を暗号取引に関連する潜在的なリスクから保護することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: