香港のスポットビットコイン、イーサリアムETFがデビュー時に600万ドル以上の取引高を記録

By The Block – 2024/04/30 14:30:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
華夏ビットコインとイーサリアムETF、総額1.1億香港ドル超でデビュー
香港、アジア初のスポットビットコイン・イーサリアムETFを香港証券取引所に上場

新しい記事と類似した記事は、香港でのスポットビットコインおよびイーサリアムETFのデビューについて取り上げ、取引高や初回公開規模に焦点を当てています。両方の記事は、中国資産管理、ハーベスト、ボセラ、およびHashKeyが運用する同じETFに言及しています。取引高と初回公開規模についても似たような数字を提供しています。新しい記事では、午前のセッションでの取引高が630万ドル、初回公開規模が1億4050万ドルであると述べられていますが、類似した記事も同様の数字を提供しています。したがって、新しい記事には類似した記事に含まれていない新しい事実や分析が含まれていないようです。

香港の新規上場スポットビットコインおよびイーサリアムETFは、今日の午前セッションでの取引高が600万ドルを超え、HKEXのデータによると報告されました。これは、香港の6つの新しいビットコインおよびイーサリアム上場投資信託にとって重要なデビューとなり、China Asset Managementの「ChinaAMC Bitcoin ETF」が取引高でリードし、取引日の前半でHK$22.97百万の売上高を記録しました。Harvest、Bosera、HashKeyもスポットビットコインおよびイーサリアムETFをデビューさせ、全体の取引高に貢献しました。

ChinaAMC Bitcoin ETFおよびEther ETFを含むHarvest、Bosera、HashKeyの他の提供品は、香港での初日取引で約HK$49.4百万(600万ドル)の取引高を記録しました。特に、China Asset Managementは、初回公開期間中に約HK$11億(140.5百万ドル)の申し込み規模を報告し、ビットコイン製品がHK$9.5億、Ether ETFがHK$1.6億を集めました。香港のETF市場でのこの成功したデビューは、地域の暗号通貨投資商品への関心の高まりを反映しており、午前セッションでの取引高が大きく記録されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: