EU選挙準備の中で、ブロックチェーン業界が政策焦点を提唱

By CoinDesk – 2024/04/30 17:10:06 (JST)

来る6月の欧州連合(EU)選挙では、720人の国会議員が選出されることになっており、技術政策における人工知能(AI)への注目のシフトが目立っている。このシフトにもかかわらず、ブロックチェーン業界はEUのデジタル化の取り組みにおけるブロックチェーン技術の意義を積極的に主張している。EUはすでに包括的な暗号規制とマネーロンダリング対策を実施しているが、暗号資産市場(MiCA)規制の潜在的な改正はこのセクターに変化をもたらす可能性がある。業界は、暗号に詳しい重要な議員を失ったり、新たな政策立案の遅れに直面したりするなど、政策の転換や潜在的な課題に備えている。

EUを代表するいくつかの業界団体は、EUにおけるブロックチェーン技術の推進に協力しており、さまざまな技術が融合し、将来のデジタル経済を推進するための基盤層としての役割を強調している。この提唱のタイミングは、来る選挙と今年予想される欧州の政治的変化を考慮すると極めて重要である。業界団体は、ブロックチェーンがAI、バーチャルリアリティ、ロボット工学などの技術と統合することが、将来のデジタル経済の枠組みを構築するために不可欠だと考えている。彼らは、若くなる可能性のある新しい議会が、特にデジタル化の取り組みという観点から、ブロックチェーンの取り組みに対してよりオープンになることを期待している。

ステファン・ベルガーやメイリード・マクギネスなど、暗号政策を形成する重要人物たちは、不透明な政治的先行きに直面しており、デジタル・ユーロのようなイニシアチブの継続性に懸念が生じている。業界は、懸念に対処し、金融面以外への応用を促進するために、ブロックチェーンとAIの統合を推進しており、技術政策の優先順位が進化する中で、EUのデジタル変革の取り組みにおけるブロックチェーンの重要性を強調している。6月6日から9日まで予定されている選挙は、EUにおける技術政策の今後の方向性を決定する上で重要な役割を果たすことになり、ブロックチェーン業界は、この地域のデジタル化の取り組みに不可欠な要素としての地位を確保しようと努力している。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: