香港の6つのスポットビットコイン、イーサリアムETF、初日に1100万ドルの取引高

By The Block – 2024/04/30 18:40:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
香港のスポットビットコイン、イーサリアムETFがデビュー時に600万ドル以上の取引高を記録
香港、アジア初のスポットビットコイン・イーサリアムETFを香港証券取引所に上場

新しい記事と類似した記事は、香港での6つの新しい現物ビットコインおよびイーサ取引所上場ファンドのデビューについて取り上げています。どちらも取引初日に生成された取引高を言及しており、新しい記事では総額HK$87.5 million($11.2 million)、類似した記事では半日の取引高が$6.3 millionを超えたと報じています。新しい記事は、中国資産管理の現物ビットコインETF(HK$37.16 million)およびイーサETF(HK$12.66 million)の取引高など、より詳細な数字を提供しています。新しい記事では、香港の現物イーサETFにおけるステーキング報酬の不在や、規制当局とのさらなる対話の必要性についても取り上げており、これらは類似した記事には記載されていません。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は類似した記事には見られない追加の詳細と分析を提供しています。

香港では、6つの新しいスポットビットコインおよびイーサリアムのETFがデビューし、取引初日に合計で約HK$87.5 million($11.2 million)の取引高を記録しました。中国資産管理のスポットビットコインETFは、取引高で約HK$37.16 millionを記録し、資産総額は$121.7 millionに達しました。これは、1月に米国で11のスポットビットコインETFが初日に約$4.6 billionの取引高を達成したのとは対照的な成績です。香港のスポットビットコインおよびイーサリアムETFは、中国資産管理、ハーベストグローバル、ボセラ、ハッシュキーなどの企業が運営し、異なる取引高で公式にデビューしました。中国資産管理のビットコインETFは、取引高で約HK$37.16 millionを記録し、イーサリアムETFはHK$12.66 millionでした。米国と比較して取引高は低かったものの、Justin dAnethan氏などの業界の専門家は、香港のETFに肯定的な見方を示しており、市場の動向や投資家の関心を指摘しています。ただし、香港のスポットイーサリアムETFにはステーキング報酬がないという課題が残っており、ファンド発行者と規制当局の間で議論が行われています。HashKey ExchangeのCEOであるLivio Weng氏は、ETFにステーキング報酬メカニズムを組み込むために規制当局とのさらなる対話の必要性を強調し、このような活動に関連する潜在的なリスクを強調しました。香港でのこれらのETFの成功したデビューは、地域の暗号通貨投資への関心の高まりを反映しており、中国本土の投資家へのアクセスがないにもかかわらず、市場が進化する中、ステークホルダーは引き続き規制上の考慮事項や市場の動向を調整し、提供内容を向上させ、投資家のニーズに対応していくでしょう。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: