EigenLayerのエアドロップ計画が論争を引き起こす:公正なトークン配布方法を求める

By PANews – 2024/04/30 18:45:15 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
EigenLayer、ステーカーに15%の割り当てを持つトークンエアドロップ計画を発表
EigenLayerが5月にネイティブトークンを発表、ステーカーに15%のエアドロップ - コミュニ

EigenLayerのトークン配布計画に焦点を当てた新しい記事と類似した記事はすべて、ステーカー向けの15%のエアドロップについて議論しています。類似した記事では、総トークン供給量、コミュニティ、投資家、および初期貢献者への割り当て、およびロックアップ期間が言及されています。新しい記事もこれらのポイントをカバーしていますが、EigenLayerが配布計画の不公平性に対する認識された不公正さに直面した論争と反発にさらに踏み込んでいます。これには、暗号通貨コミュニティからの批判やより公正なエアドロップの要求が含まれています。この論争とコミュニティの反応は、類似した記事には言及されていません。したがって、新しい記事は類似した記事と一部の共通情報を共有していますが、問題に対する新しい事実と異なる視点も提供しています。

EigenLayerは、流動性再ステーキングプロトコルとして、トークン配布計画に対する批判に直面しました。プロジェクトは、ステーカーに15%のエアドロップを発表しましたが、総トークン供給量のうち5%のみが、2024年3月15日時点のステーキング活動に基づいて最初の段階で配布されることが明らかになりました。さらに、これらのトークンの90%は5月10日まで請求できず、不均等な配布モデルとトークンの遅延利用可能性に対するコミュニティの不満が高まりました。

EigenLayerは、プロジェクト投資家と初期貢献者に55%のトークンを割り当てる一方、ステーカーは5%しか受け取れず、即時移転に制限があることから、暗号通貨コミュニティ内で批判が起こりました。CoinMambaは、この格差に懸念を表明し、開発者や投資家が示す利己的な姿勢を批判しました。アナリストのCryptoTeluguも、より公正なエアドロップを求め、適格なユーザーに公平に報酬を提供する重要性を強調し、コミュニティの懸念を解決し、よりバランスの取れた配布を確保することを望んでいます。

EigenLayerのエアドロップ計画に関する論争は、トークン配布の公正さに関するコミュニティメンバーの不満が高まっていることを浮き彫りにしました。トークン割り当てに対する包括的で透明性のあるアプローチを求める声が上がり、ステークホルダーは、より公正な配布プロセスを確保するための調整を提唱しています。この議論は、コミュニティのフィードバックの重要性を強調し、トークン配布の決定においてすべての参加者の視点を考慮することが、暗号通貨エコシステム内での信頼とサポートを維持するために必要であることを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: