米国反マネーロンダリング法違反での趙長鵬の判決聴取会

By PANews – 2024/04/30 19:20:50 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
DOJの推奨する3年の刑期、BinanceのChangpeng Zhaoに法的論争を引き起こす
元Binance CEO Zhao Changpengに対する米国保護観察局の5か月の保護観察を推奨

新しい記事と類似した記事は、元Binance CEOであるZhao Changpeng氏が米国の反マネーロンダリング法に違反した罪状の判決公判について取り上げています。すべての記事は、検察官が推奨される期間よりも長い刑を求めること、Zhao氏の弁護団が執行猶予を求めること、およびこの事件が暗号通貨業界に与える影響について言及しています。新しい記事には、類似した記事で既にカバーされている新しい事実や数字は提供されていません。したがって、新しい記事の内容は基本的に類似した記事と同じです。

元Binance CEOの趙長鵬は、米国反マネーロンダリング法に違反した疑いで懲役刑を受ける可能性があります。検察は、連邦刑事基準で推奨される18ヶ月の2倍の刑を求めています。この動きは、趙氏のような影響力のある人物にとって法的コンプライアンスの重要性を強調することを目的としています。判決聴取会は5月1日午前9時に太平洋夏時間で始まりました。趙氏の弁護団は、保護観察を求め、協力と前科のないことを強調しています。

法律専門家は、検察が厳しい判決を求めたことに驚きを示し、これが暗号通貨業界で模範を示す戦略的な動きかもしれないと示唆しています。趙氏の有罪認定と5000万ドルの罰金支払いは、保護観察を求める際に弁護団が強調する要因です。この注目の高い事件の結果は、趙氏の業界内での著しい地位を考慮すると、規制当局が暗号セクターでの取り締まりにアプローチする方法に影響を与える可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: