EigenLayerのStakedropイベントとWeb 2.5の概念: 仮想通貨業界における分散化の航海

By Blockworks – 2024/04/30 22:17:14 (JST)

EigenLayerは最近、「stakedrop」イベントを実施し、特定のスナップショット日前にプラットフォームにステークしたユーザーにEIGENトークンを提供しました。これらのトークンは直ちに転送や取引することはできず、プラットフォームへの長期的なコミットメントを促進しています。EigenLayerの総ステークはイベント以来大幅に増加し、Lidoに続く市場のトップDeFiアプリの1つとして位置付けられています。

Web2とWeb3の間の移行期と見なされるWeb 2.5の概念が注目されています。一部はこれを分散化された未来への橋と見なし、他の人は完全な分散化へのためらいのあるアプローチとして批判しています。Bitcoinの元々のビジョンが個人が自分自身の銀行となることを促すものであることから、完全な分散化を受け入れることが、進化するインターネットの景観においてより明確な目標と価値をもたらす可能性があると示唆されています。

暗号通貨業界が進化し続ける中、AvalancheとStripeの暗号通貨オンランプの統合やSECによるETHの調査などの展開により、利害関係者は分散型モデルへの移行の複雑さに対処しています。Web 2.5の物語は、業界内で分散化のペースと範囲に関する広範な議論を反映し、変化する景観の中で参加者が自らの立場を明確に定義するよう促しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: