CoinbaseがLightsparkとの協力でLightning Networkサポートを展開

By The Block – 2024/04/30 23:10:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
CoinbaseがLightsparkと提携し、Lightning Networkのサポートを開始

この記事を類似記事と比較すると、CoinbaseがLightsparkと提携してLightning Networkのサポートを開始するという主題が明らかになります。両方の記事は、この統合の利点として、より速く安価なビットコイン取引を挙げています。また、初期の引き出し制限額が2,000ドルであり、Lightning取引の手数料が0.1%であることについても言及しています。しかし、新しい記事には類似記事にはない追加情報が提供されています。Coinbaseの競合他社であるBitfinex、OKX、Kraken、およびBinanceがすでにLightning Networkのサポートを導入していることが記載されています。また、Coinbaseの統合が遅れた理由や、同社がオンチェーンの支払いを1秒で1セントに削減することを目指している理由についても議論されています。さらに、新しい記事では、Coinbaseがさまざまなビットコインエコシステムプロジェクトに投資しており、暗号通貨の採用と有用性の推進に取り組んでいることが強調されています。これらの詳細は類似記事にはないため、新しい記事はユニークです。

CoinbaseはLightning Networkのサポートを開始し、ユーザーがアカウントから直接ビットコインを送受信したり、支払ったりするための、より高速で安価な方法を提供する。この統合は、オフチェーンでのほぼ瞬時の低手数料取引を可能にすることで、スケーラビリティの問題に対処することを目的としている。ライトニングネットワークの手数料体系には、1サトシという低額の定額基本手数料と流動性プロバイダー手数料が含まれる。Coinbaseのユーザーには、当初2,000ドルの引き出し限度額が設定され、Lightning取引の処理手数料は0.1%となり、クレジットカード取引や電信送金と比較して、より費用対効果の高いオプションが提供される。

ライトニング・ネットワークのインフラ企業であるLightsparkとの協力は、Coinbaseにとって重要なマイルストーンであり、対応地域のユーザーは、引き出しや支払いにライトニングかビットコインのベースレイヤーのどちらかを選択できるようになる。LightningをCoinbase Walletに統合する当面の計画はないが、Coinbaseチームは同ネットワークの成長とユーザー普及を監視し、利用を拡大する可能性がある。CoinbaseがLightning Networkをサポートすることを決定したのは、CEOのブライアン・アームストロングが開始した協議プロセスを受けたもので、彼は、世界的な経済的自由を強化するために、より高速で安価なビットコイン取引を可能にすることの重要性を強調した。

Coinbaseのライトニングネットワーク統合は、Bitfinex、OKX、Kraken、Binanceといった競合他社がすでにサポートを導入した後に行われた。Coinbaseの統合の遅れは、ネットワークの成長と普及を評価し、技術の成熟度を確認し、オンチェーン決済を1秒に短縮し、コストを1セントにするという同社の目標に沿うためとされている。CoinbaseはLightningのサポートにとどまらず、様々なビットコインのエコシステム・プロジェクトに投資しており、暗号通貨の普及と実用性の向上へのコミットメントを強調している。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: