BlackRockのBUIDLが375億ドルを超える最大のトークン化された米国債ファンドとして浮上

By PANews – 2024/04/30 23:52:03 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ブラックロックのトークン化された財務ファンドが375百万ドルを超え、フランクリン・テンプルトンの提供

新しい記事と類似した記事の両方が同じトピックについて議論しています:BlackRockのBUIDLが最大のトークン化された米国債ファンドとなり、Franklin Templetonのファンドを上回りました。両方の記事は、BUIDLに対する3億7500万ドルの預金、先週の7,000万ドルの流入、およびOndo FinanceのOUSGへの5,000万ドルの流入など、同じ主要な事実を述べています。類似した記事では、Franklin TempletonのBENJIファンドの資産が3億6800万ドルに減少したことも言及されており、新しい記事でも同様に触れられています。したがって、新しい記事には、既に類似した記事でカバーされていない新しい事実や分析が提供されていないようです。

BlackRockのBUIDLは、わずか6週間で375百万ドルの預金を持ち、Franklin Templetonの類似製品を上回り、最大のトークン化された米国債ファンドとなりました。3月21日の上場以来、Securitizeを通じて設立されたBUIDLは、先週7000万ドルの流入を記録し、市場シェアの約30%を獲得しました。一方、Franklin TempletonのBENJIファンドはわずかな流出を経験し、資産を368百万ドルに減少させました。

トップの座の変化は、Ondo Finance(ONDO)の成長に主に起因しており、同社のトークン化された米国債製品OUSGは、BlackRockのトークンを準備資産として利用しています。OUSGは1週間で5000万ドルの流入を記録し、BUIDLの成功に貢献しました。この展開は、金融市場におけるトークン化資産の人気と採用の増加を示し、BlackRockのファンドがこの分野をリードしていることを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: