ビナンス共同創業者チャンペン・ザオ氏、暗号通貨業界の新たな局面でコンプライアンスを強調

By The Block – 2024/05/01 17:00:06 (JST)

ビナンス共同創業者チャンペン・ザオ氏は、コンプライアンス違反により4か月の懲役刑を受けた後、受けた支援に感謝の意を表明しました。ビナンスがコンプライアンスの失敗で40億ドルの罰金を科されたことを踏まえ、ザオ氏はコンプライアンスの重要性を認識しています。ザオ氏は、自身のGiggle Academyプロジェクトを通じて教育に焦点を当て、暗号通貨業界での受動的投資家として活動する計画を立て、この新たな局面でのコンプライアンスの重要性を強調しました。

ザオ氏は、シアトルでの有罪を認めたことにより、反マネーロンダリング違反での有罪判決を受け、5000万ドルの罰金を支払うことになりました。CEOを辞任したにもかかわらず、ビナンスの資金が安全であることを一般に保証し、同社がユーザーを保護することに対する取り組みを強調しました。ザオ氏の発言は、ビナンスが直面している監視の厳しさを示唆し、FTXの崩壊と対比させることで、進化する暗号通貨の風景でユーザーの利益を保護する重要性を強調しました。

暗号通貨業界が進化する中、ザオ氏はコンプライアンスの重要性を強調し、ビナンスや業界全体の焦点の転換を示唆しました。業界の新たな局面を示唆する中で、コンプライアンス対策を優先する必要性を強調しました。ザオ氏の受動的投資家としての取り組みやGiggle Academyを通じた教育への献身は、暗号通貨の変化する風景を航行する際に規制順守の重要性を強調し、将来のビジョンを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: