Stablecoinの取引量が強調され、FDUSDが過去最高に達し、USDTが減少 | The Block

By The Block – 2024/05/02 01:30:08 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ステーブルコイン取引量がVisaの2023年の月間平均を上回る

新しい記事と類似した記事の両方が、ステーブルコインの成長と取引量について取り上げています。ただし、新しい記事では、First Digital USD(FDUSD)の取引量が過去最高の180億ドルを超えた具体的なデータを提供し、TetherのUSDTの取引量が3月の2430億ドルから2050億ドルに減少したことを報じています。また、Rippleが今年後半にUSDにペッグされたステーブルコインを立ち上げる計画を述べています。一方、類似した記事は、Tether、USDC、およびDAIの合計取引量がVisaの2023年の月間平均を上回ったことに焦点を当てています。また、Visaが認める市場におけるUSDCの優位性を強調しています。したがって、両方の記事が同じトピックを取り上げているものの、新しい記事は類似した記事には記載されていない新しい事実や数字を提供しています。

4月には、ステーブルコインの取引量が堅調で、First Digital USD(FDUSD)が取引高で過去最高の180億ドルを記録し、3月の活動を倍増しました。一方、TetherのUSDTの取引量は3月の2430億ドルから2050億ドルに減少しました。全体として、4月のステーブルコインの取引量は前月の5870億ドルからわずかに減少し、5460億ドルに達しました。USDeステーブルコインも勢いを増し、130億ドルを超える取引高を記録し、CircleのUSDCは総取引高2750億ドルでトップを維持しました。

ステーブルコイン市場は多様化の兆候と潜在的な競争を示しており、2028年までに280兆ドルに達するとの期待があります。 Rippleは、今年後半にUSDにペッグされたステーブルコインを発表し、企業クライアントや決済会社を惹きつけることを目指しています。 Rippleの最高技術責任者は、USDTに関する規制上の懸念を挙げ、複数のステーブルコインオプションを持つ重要性を強調しました。アナリストは、ブルマーケットの復活やETFの発行により、透明性のあるUSDへのアクセスを提供することで、ステーブルコインの取引量が今後も増加すると予測しています。

個々のステーブルコインの取引量の変動にもかかわらず、全体として市場は着実に拡大しており、ステーブルコインの価値とUSDにペッグされたステーブルコインの採用の増加が成長を推進しています。アナリストは、ステーブルコインの決済量がACHやVisaなどの従来の金融システムを上回ると予測しています。暗号通貨の低迷期における市場の強さや、グローバルな不確実性の中での安定性と透明性の提供におけるステーブルコインの利点が、市場の将来に対する前向きな展望に貢献しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: