Ellipticが2億BTC取引をAIで監視、マネーロンダリングパターンを検出

By CoinDesk – 2024/05/02 11:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Elliptic、ビットコインのマネーロンダリング検出のためのAIを進化させる

この記事と類似した記事を比較すると、両方ともEllipticがMIT-IBM Watson AI Labと協力してビットコイン取引におけるマネーロンダリングのパターンを検出するためにAIを使用することを取り上げています。両方の記事は、AIモデルのトレーニングに2億件の取引データセットを使用することに言及しています。類似した記事も、この記事にも含まれているサブグラフの特定に焦点を当てています。ただし、この記事では、AIモデルによって特定されたマネーロンダリングの技術について、例えば「peeling chains」と「nested services」といった具体的な詳細が提供されています。これらの具体的な技術は、類似した記事には言及されていません。したがって、全体的なトピックや一部の詳細は同じですが、この記事は類似した記事にはない新しい情報を提供しています。

ブロックチェーン分析企業Ellipticは、2億ビットコイン取引の巨大データセットを活用し、人工知能(AI)モデルを訓練してブロックチェーン上の潜在的なマネーロンダリングパターンを検出しました。この広範なデータセットである「Elliptic2」には、122,000のラベル付きサブグラフが含まれており、AIは違法活動をより正確に特定できるようになりました。

Ellipticが開発したAIモデルは、MIT-IBM Watson AI Labの研究者との共同で、仮想通貨におけるマネーロンダリング行動のさまざまな形状を学ぶことに焦点を当てています。取引データを分析することで、モデルは新たな犯罪活動を自動的に分類し、進化するマネーロンダリング手法に対処するための積極的なアプローチを提供しています。

AIモデルによって特定された一般的なマネーロンダリング手法の1つは、「peeling chains(剥がしチェーン)」の使用です。これは、同じユーザーが制御する異なるアドレスに繰り返し仮想通貨を送信する手法です。さらに、モデルは「nested services(ネストされたサービス)」の普及を強調しました。これは、適切なマネーロンダリングチェックを行わずに、大手仮想通貨取引所の口座を介して資金を移動する事業であり、仮想通貨のマネーロンダリング活動を促進する可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: