Bitcoin (BTC) 米国ETF、パウエル議長の利上げ見送りにも関わらず50億ドル以上の資金流出 – 流出とパウエル発言に市場が反応

By CoinDesk – 2024/05/02 14:50:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoinが62,000ドルを下回る、香港ETFが期待外れ
Bitcoin(BTC)価格が63,000ドル前後で揺れ動く中、香港のスポット暗号通貨ETFデビュー

新しい記事では、Bitcoin U.S. ETFからの大規模な資金流出が取り上げられており、$563.7 millionの流出や4月24日以来の約$1.2 billionの総引き出しなど、具体的な数字が示されています。また、連邦準備制度が基準金利を維持する決定を下し、量的緩和プログラムを縮小する計画を発表したことも報じられています。記事では、これらの出来事に対するBitcoinの価格変動も取り上げられています。一方、類似した記事では、香港の新しいBitcoinおよびEther ETFの不振なパフォーマンスが焦点となっており、取引高の具体的な数字も報じられています。Bitcoinや他の暗号通貨の価格変動についても議論されています。新しい記事と類似した記事の両方がBitcoin ETFと価格変動について取り上げていますが、提供される具体的な詳細や数字は異なります。新しい記事は、Bitcoin U.S. ETFからの資金流出や連邦準備制度の決定に関する新しい情報を提供しており、類似した記事では取り上げられていない内容です。

Bitcoin(BTC)の米国ETFは、1月の設立以来最大となる563.7百万ドルの大規模な流出を経験しました。このトレンドは5日連続で続き、4月24日以来、総額12億ドル近い引き出しが行われました。水曜日には、FidelityのFBTCが191.1百万ドルの流出で先頭に立ち、投資家の懸念を引き起こしました。

連邦準備制度(Fed)のパウエル議長の雇用と経済成長を流動性の締め付けよりも優先する緩和的な姿勢にも関わらず、GBTC、ARKB、IBITなどのETFは大規模な流出を見ました。Fedは基準金利を5.25%から5.5%の間で維持し、パウエル氏は経済の強さを強調し、利上げの懸念を否定しました。さらに、Fedは6月から量的締め付けプログラムを大幅に縮小する計画を発表しました。

パウエル氏の発言に続いて、Bitcoinの価格は一時的に上昇し、56,620ドルから59,430ドルに上昇しました。しかし、この反発は一時的であり、BTCは57,300ドルに戻りました。香港でのアジア初の現物Bitcoinおよびイーサ(ETH)ETFの登場は、取引量が低かったことから、暗号市場の雰囲気をさらに悪化させました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: