BlackRock(BLK)が機関投資家からのビットコインETFへの関心増加を予測

By CoinDesk – 2024/05/02 20:10:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ブラックロック、ビットコインスポットETFの再編でリンジー・ハズウェルを指名
Spot Bitcoin ETFが4月に344百万ドルの純流出、BlackRockのIBITが支配的

新しい記事では、BlackRockが機関投資家からのBitcoin ETFへの関心の急増を予測しており、同社のIBIT ETFとGrayscaleのGBTCとの競争に焦点を当てています。また、同社が顧客にデジタル資産について教育することに焦点を当て、Ether ETFの申請も行っていることが述べられています。一方、類似の記事では、BlackRockのBitcoin ETFに関する異なる側面が議論されています。最初の類似記事では、IBIT ETFのリーダーシップ変更とそのパフォーマンスについて取り上げられており、2番目の類似記事では、4月に経験した現物Bitcoin ETFの流出に焦点を当て、BlackRockのIBITについて議論されています。新しい記事と類似記事の両方がBlackRockのBitcoin ETFについて議論していますが、異なる側面に焦点を当て、異なる情報を提供しています。新しい記事は、機関投資家からの関心の増加と顧客教育に焦点を当てたBlackRockの予測に関する新しい事実を提供しており、類似記事では取り上げられていない情報を提供しています。

BlackRockのデジタル資産担当責任者、Robert Mitchnickは、主権運用ファンドや年金基金などの金融機関からスポットビットコイン上場投資信託(ETF)への投資家関心の移行を予測しています。BlackRockは数年にわたりさまざまな機関とビットコインについて議論しており、今後数ヶ月はこれらの機関からの関心が高まり、ポートフォリオ配分戦略に焦点を当てると予想されています。

1月にビットコインETFが承認され、累積資産額は760億ドルを超え、BlackRockのIBIT ETFは172億ドルに達しています。IBITとGrayscaleのGBTCの競争が注目されており、現在、GBTCは約243億ドルの資産を保有しています。IBITへの資産流入には、Grayscaleの代替、国際製品からの流出、ビットコイン先物ETFからスポット製品へのリサイクルが含まれています。

BlackRockは最大のスポットビットコインETFになることにこだわるのではなく、デジタル資産について顧客に教育を重点を置いています。BlackRockはイーサ(ETH)ETFの申請も行っており、トークン化の可能性やデジタル資産の資本市場での利点を強調しています。イーサリアムブロックチェーンエコシステムの複雑さから、顧客教育に関する疑問が生じており、同社は顧客と市場全体に利益をもたらすために、暗号資産、ステーブルコイン、トークン化に関する洞察を提供することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: