アーサー・ヘイズ:米国の金融政策変更が暗号通貨市場の回復を後押し

By PANews – 2024/05/03 12:28:01 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoin(BTC)が58,000ドルを下回り、FOMC金利決定直前に暴落しました
米国経済政策がドルの強さを抑制する可能性により、ビットコインとイーサリアムが急伸、アナリストが指摘

新しい記事は、米国の金融政策変更が暗号市場に与える影響について論じており、具体的には連邦準備制度がバランスシートの縮小ペースを緩和する決定と財務省が短期国債を発行する計画に焦点を当てています。これらの措置により、ビットコインが約60,000ドルで安定し、夏の終わりまでには70,000ドルに回復すると予測しています。同様の記事も米国の金融政策が暗号市場に与える影響について論じていますが、新しい記事ほどの詳細や具体的な予測は提供していません。最初の類似記事はビットコインの価値の下落と広範な暗号市場の低下に焦点を当てており、2番目の類似記事は米国の経済政策がビットコインとイーサリアムに与える潜在的な影響について論じています。これらの記事のいずれも、新しい記事と同じレベルの分析や具体的な予測を提供していません。したがって、全体的なトピックは類似していますが、新しい記事は類似記事に含まれていない新しい事実と分析を提供しています。

ヘイズは、連邦準備制度の流動性注入と財務省の銀行ランの防止策を強調し、これらが暗号通貨市場を後押しする要因であると述べました。彼は、これらの措置がビットコインを約6万ドルで安定させ、今後数か月で7万ドルに上昇するのに役立つと信じています。ヘイズは、市場の下落時にSOLなどの高ベータ値トークンを積極的に取得することで、回復トレンドに対する楽観を示しました。米ドルの流動性注入が暗号通貨市場を支援し、ビットコインの回復を促すと期待されています。

ヘイズの分析では、連邦準備制度の流動性注入と財務省の措置が暗号通貨市場に与える影響が強調されました。彼は、ビットコインが約58,600ドルで底を打ち、60,000ドルを超えて上昇し、北半球の夏の終わりまでに6万ドルから7万ドルの範囲で推移すると予測しています。ヘイズの分析によれば、米国の継続的な金融政策変更が市場に米ドルを注入し続け、暗号通貨の回復を支援するとされています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: