EU諸国が今年MiCAの実施に向けて準備を進める

By CoinDesk – 2024/05/06 01:30:06 (JST)

EU加盟27か国が、今年中に暗号資産市場(MiCA)規制を実施する準備を進めており、安定コイン発行者向けの専門ルールが間もなく発効し、12月には暗号企業に対するより広範な要件が続きます。2023年に成立したMiCAは、3年の開発を経て、暗号企業がEU全体で営業することを可能にし、どの加盟国からでもライセンスを取得できます。

各EU国は、MiCA規制を地方法に採用し、暗号監視のための規制当局を指定し、トークン発行者やサービスプロバイダーの認可を準備する必要があります。ドイツやフランスなど一部の国は既に厳格な内部暗号規制を持っていますが、他の国は大幅な調整と責任の増加に直面しています。EU加盟27か国のうち20か国の規制当局や省庁がMiCAの準備状況について回答しています。

EUは、6月までに規制技術基準とガイダンスを最終化し、年末までに完了することを目指しています。政策立案者は、MiCAの範囲を拡大し、規則を強化することを検討しており、ドイツの暗号規制当局であるBaFinは、暗号資産サービスの発展における規制の重要性を強調しています。安定コインの規定が6月末に発効する予定で、MiCAの他の側面は今後数か月で実施される見通しです。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: