ジャック・ドーシーが分散型ソーシャルメディアに重点を置き、BlueSky取締役会を辞任

By CoinDesk – 2024/05/07 00:50:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ジャック・ドーシー、ツイッター後悔からBluesky取締役を離れる

新しい記事と類似した記事の両方が、分散型ソーシャルネットワークであるBlueSkyの取締役会からJack Dorseyが退任することについて取り上げています。ただし、新しい記事には類似した記事にはない追加情報が提供されています。それには、DorseyがXやNostrなどの「自由技術」を支持していること、2022年にNostrに14ビットコインを寄付したこと、そしてOpenSatsに1000万ドルを寄付したことが含まれます。新しい記事では、Nostrの台頭とBlueSkyへの影響、そしてBlueSkyがDorseyの後任として新しい取締役を探している事実も取り上げられています。これらの詳細は、DorseyがTwitterのマスクへの売却に不満を持ってBlueSkyを離れる文脈で類似した記事が焦点を当てているのとは異なり、新しい事実を含んでおり、類似した記事とは重複していない。

元Twitter CEOのJack Dorseyは、2019年にソーシャルメディアの分散化を支援するためにバックしたソーシャルネットワークスタートアップ、BlueSkyの取締役会から辞任しました。Dorseyは、フォロワーにXやNostrのような「自由技術」を受け入れるよう促し、分散化された、検閲に耐える体験を提供しています。彼は2022年にNostrに14ビットコイン、OpenSatsに1000万ドルを寄付しました。

BlueSkyはDorseyの貢献に感謝を表明しましたが、彼が取締役会を離れたことを確認しました。DorseyのBlueSkyへの最初の資金提供は、ブロックチェーンなどの新興分散技術と一致する、オープンで分散化されたソーシャルメディアの標準を作ることを目指していました。このプロジェクトは、CEOのJay Graberによって率いられ、2月に一般に公開されました。

DorseyのBlueSkyへの関与にもかかわらず、過去数年間にNostrの台頭がスタートアップの必要性を薄れさせました。DorseyはNostrの重要性を強調し、そのプラットフォームには取締役会が存在しないと述べました。BlueSkyは現在、Dorseyの後任として新しい取締役会メンバーを募集しており、ソーシャルメディアの分散化の使命を続けています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: