UXLINK、トップユーザーを巻き込む独自のNFTエアドロッププログラムを導入

By NFT Plazas – 2024/05/07 01:23:24 (JST)

web3ソーシャルハブUXLINKは、500万人を超える大規模なユーザーベースで知られており、エアドロッププログラムを通じて独自のNFTを導入する計画です。これらのNFTは、「IN UXLINK WE TRUST」と名付けられ、プラットフォームで最も積極的な5万人のユーザーに配布されます。これらのNFTの保有者は、将来のUXLINKトークンやNFTのエアドロップ、コミュニティガバナンスの役割、関連プロジェクトへの優先アクセスなどの特典を受けることができます。

UXLINKは、4つのティア(MOON、TRUST、FRENS、LINK)でNFTを展開する、主要なweb3ソーシャルプラットフォームです。これらのNFTを受け取るための資格は、コミュニティへの貢献度、オンチェーンでの相互作用頻度、保有する暗号資産などの要因に基づいています。NFTスペースに進出することで、UXLINKはユーザーベースの大部分に対応し、web3エコシステムでの存在感をさらに高めることを目指しています。

UXLINKがweb3領域で革新を続ける中、NFTエアドロップイニシアチブは、プラットフォーム内でのユーザー参加と相互作用を向上させる戦略的な動きを示しています。これらのNFTの導入は、ユーザーや開発者が暗号資産を探索し、配布し、交換するための社会化されたグループベースのアプローチを提供し、プラットフォームの成長とエンゲージメントに貢献しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: