ジャック・ドーシー、分散型技術への支持表明とともにBlueSky取締役を辞任

By CoinDesk – 2024/05/07 10:30:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ジャック・ドーシー、ツイッター後悔からBluesky取締役を離れる

新しい記事と類似した記事の両方が、分散型ソーシャルネットワークであるBlueSkyの取締役会からJack Dorseyが退任することについて論じています。両方の記事は、Dorseyが分散型技術とオープンインターネットプロトコルを支持している点を強調しています。ただし、新しい記事は類似した記事にはない追加の詳細を提供しています。それには、DorseyがNostrに14ビットコインを寄付し、OpenSatsに1000万ドルを寄付したことが含まれています。また、Nostrの台頭とBlueSkyへの影響についても議論しています。これらの詳細は、類似した記事にはない新しい情報と文脈を提供しています。したがって、全体的な類似性にもかかわらず、新しい記事には類似した記事にはない新しい事実が含まれており、それによって独自性が生まれています。

元Twitter CEOのJack Dorseyは、2019年に支援したソーシャルネットワークスタートアップBlueSkyの取締役を辞任しました。Dorseyは、フォロワーにXやNostrのような「自由技術」を受け入れるよう呼びかけ、分散型で検閲に強い体験を推奨しました。彼は2022年にNostrに14ビットコイン、OpenSatsに1000万ドルを寄付し、自由でオープンソースのビットコインプロジェクトを支援しました。

BlueSkyはDorseyの貢献に感謝を表明しましたが、彼が取締役を辞任したことを確認しました。Dorseyのプロジェクトへの最初の資金提供は、分散型ホスティングやガバナンスのためのブロックチェーンなどの新興技術と一致する、オープンで分散型のソーシャルメディア標準の創設を目指していました。同社は、Dorseyの辞任に続き、新しい取締役を募集しています。

近年のNostrの台頭により、BlueSkyの必要性が低下しており、DorseyはNostrの取締役が存在しないことを認めています。CEOのJay Graber率いるBlueSkyは、2月に一般に公開され、ソーシャルネットワーキングにおける分散型アプローチを強調しています。Dorseyの分散型技術への支持は、ソーシャルメディアの分野におけるオープンで耐久性のあるソリューションへの広範な移行を反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: