Modeがガバナンストークンのエアドロップ請求を開始し、トークン配布計画の詳細を公開

By PANews – 2024/05/07 16:13:50 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Modeが5月7日にガバナンストークンMODEを発表

この記事と類似した記事を比較すると、考慮すべき重要な点がいくつかあります。両方の記事は、Modeのガバナンストークンの発表と配布計画について取り上げています。両方の記事で、総トークン供給量と初期ユーザーエアドロップ用に予約された割合は同じです。しかし、新しい記事では、「Mode Sunrise」イベントに関する追加情報や、このイベントから得られる初期配布用のパターンポイントについて提供されています。また、配布フェーズやトークンエコノミクスに関するより具体的な詳細も提供されています。さらに、新しい記事では、トークンが請求後に分散型取引所と中央集権取引所の両方で取引可能であることが言及されており、これは類似した記事には記載されていません。したがって、類似点はあるものの、新しい記事には類似した記事にはない新しい事実や詳細が提供されています。

Modeは、OP Stack上のL2ネットワークで、本日19:00にガバナンストークンのエアドロップ請求を開始します。初期段階では、総供給量1000億の5.5%にあたる55億のModeトークンが、1月の「Mode Sunrise」イベントでユーザーのパターンポイントに基づいて配布されます。請求後、Modeトークンは分散型および中央集権取引所で取引可能となる見込みです。5月5日から9月6日までの第2フェーズでは、さらに50億のトークンが割り当てられ、トークンエコノミクスの詳細も公開されます。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: