APhoneがMagic Edenと提携し、5,000人のユーザーを対象としたアクセスパスセールを開始

By NFT Plazas – 2024/05/08 19:30:59 (JST)

APhoneは人気のNFTマーケットプレイスであるMagic Edenと提携し、0.2 SOLで5,000のアクセスパスを提供します。これにより、ユーザーは1年間、APhoneの機能にアクセスできます。さらに、購入者は将来のトークンエアドロップと交換可能な10のキーリワードを受け取ります。Magic Edenは、このイベント中にAPhoneアクセスパスを購入する顧客にDiamond Rewardsプログラムで25%のボーナスを提供します。

APhoneはAethirの分散GPUクラウドインフラストラクチャー上で運営されており、ユーザーは従来のアプリストアやデバイスのハードウェア制限を回避して、直接Webブラウザを通じてさまざまなアプリケーションやゲームにアクセスできます。このプラットフォームは、リアルタイムクラウドサービスを使用してクラウドゲームやその他の高需要アプリケーションをサポートしています。SolanaでローンチされたAPhoneには、Magic Eden、OKX、Bybit、HoneyLand、Mighty Action Heroesなどのプリインストールされたブロックチェーンアプリやゲームが含まれており、スマートフォンユーザーに分散型の体験を提供しています。

APhoneのチーフビジネスオフィサーであるWilliam Peckhamは、Magic Edenとのパートナーシップがアプリをより幅広いユーザーにアクセス可能にすることを強調し、分散化の原則を重視しています。一方、Magic Edenのチーフ収益責任者であるChris Akhavanは、Web3ゲームスタジオがAPhone DAppストアを活用してゲームを展開し成長し、Web3空間での成長と革新の可能性を示すことに興奮を表明しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

Share on: